お問い合わせ

SIGNATURE SERVICE かし保証型仲介


オープンリンク独自の
「かし保証型仲介」

税抜売買価格3,000万円以上の物件に対し業界最高クラスの保証を付帯

  • 01

    かしとは?

    不動産売買において「かし(瑕疵)」とは、対象となる建物や設備の欠陥・不具合のことを指します。

    例えば、雨漏りや壁面のきれつ、給湯器の故障などがそれに該当します。

    弊社の「かし保証型仲介」とは、売買時には確認できなかった建物・設備の不具合に対し、国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人が提供する住宅かし保証保険を無償にてお付けすることにより、安心・安全という付加価値で売主様・買主様の双方を最大限サポートする事を目的としております。

  • 02

    見えない不安を
    2つの保険でカバー※1


    お引き渡し後5年間・上限金額 1,000万円までの
    住宅本体を保証

    外壁・柱・床板・土台等の構造部分はもちろん、雨漏りなど防水性能の劣化にも対応、加えて給排水管設備・電気設備・ガス管の修繕、仮住まいや移転費用に至るまで保証いたします。


    お引き渡し後1年間・上限金額10万円までの住宅設備を保証

    給湯器やシステムキッチン、システムバスやエアコン等日常的に使用する住宅設備に対し、修理回数無制限にて修理・交換保証いたします。

    ※1 弊社との専任媒介契約締結、検査機関による保証認証、税抜売買価格 3,000万円以上の物件 が条件です。(万が一、検査機関による保証認証が下りない場合、代わりに弊社仲介手数料より既定の金額をお値引きいたします。)なお、かし発覚時点において弊社及び検査機関が倒産等で存在しない場合でも、保険金は住宅瑕疵担保責任保険法人より買主様に直接支払われます。

  • 03

    なぜかし保証型仲介
    良いのか?

    例えば物件のご購入から10ヶ月が経過したある日、

    給湯器の故障でお湯が出なくなった
    エアコンが動かなくなった
    どこからか雨漏りするようになった
    給排水設備に不具合が見つかった
    いつの間にか外壁に亀裂が入っていた

    といった場合、その物件の売主様が個人であれば、買主様が自費で修繕することになります。なぜかといいますと、一般的な売買契約において、個人売主様の修繕責任期間は引き渡し後0~6ヶ月に設定されているからです。

    住宅の修繕には多額の費用が掛かる場合もあり、修繕工事を延期または断念するあまり状況が悪化、日常生活に支障をきたすだけでなく、物件の耐久性はもちろん、資産価値が著しく低下するケースも見られます。
    また、工事に至っても一時的に仮住まいを強いられることもあり、予期せぬ出費がかさむ傾向にあります。

    この問題を解決すべく、弊社では売買仲介に「住宅かし保証保険」を無償付保、問題発覚時の調査費用・修繕費用・仮住居および移転費用を保証することにより、中古物件売買における最大の不安要素を取り除き、円滑な不動産流通を可能としました。

住宅本体の保証対象※2

弊社独自の「かし保証型仲介」で保証される範囲は以下の通りです。

※2 一部保証対象外事項がございます。詳しくは弊社所定の保険パンフレットをご覧ください。

基本構造部分

区分 役割 具体的な部位
構造耐力上
主要な部分
次の荷重や圧力等を支える部分
・住宅の自重や積載荷重
・積雪や風圧、土圧、水圧
・地震やその他の振動等
基礎、壁、柱、小屋組、筋交い等の斜材、床版、梁等の横架材
(RC造の場合は基礎杭を含みます)
雨水の浸入を
防止する部分
雨水浸入の防止 ・屋根と外壁
・上記の部位の開口部に設ける戸や枠、建具
・雨水要の排水管のうち屋内等にある部分

給排水管路

対象となる給排水管路は、戸単位タイプとそれ以外の保険の対象により異なります。

具体的な部位 住宅区分 保険の対象となる給排水管路
給水管
給湯管
排水管
汚水管
戸建住宅 対象住宅の敷地内に設置されているもの
共同住宅 住棟タイプ
住棟タイプ 付保住戸内に設置されているもの。ただし、付保住戸内に設置された
ものでも、管理組合が管理する部分は対象となりません。

住宅管路の保証対象※2

対象※3 保険の対象
給排水管路 給水管、給湯管、排水管または汚水管(給排 水設備との継ぎ手部分を含みます。)
給排水管設備 受水槽、揚水ポンプ、高置水槽、電気温水器、 雑排水ポンプ、湧水排水ポンプ、汚水ポンプ または枡
電気設備 変圧器、受配電盤、制御・監視盤、継電器盤、 継電器、計器用変成器、開閉器、碍子、碍管、 保護装置、支持フレーム、母線、配線
電気設備 ガス管

※2 一部保証対象外事項がございます。詳しくは弊社所定の保険パンフレットをご覧ください。
※3 保険対象箇所は該当物件内に限ります。また、物件の個別性により保証をお受けできない場合があります。

住宅設備の保証対象※2

主な保証内容 1作業あたりの修理・交換限度額
主な対象機器※3 製造年から10年以内 製造年から10年超
給湯器
・ガス給湯器、又は電気温水器、又はエコキュート、
ネオキュート
各1台まで 税込10万円まで 税込3万円まで
システムキッチン
・レンジフード
・ガスコンと又はIHクッキングヒーター
・浄水器・照明器具・水栓
システムバス
・水栓・操作パネル
・照明器具
洗面化粧台
・化粧台
・混合水栓
・水栓
多機能便座
・多機能便座(一体型)
・換気扇
各2台まで
エアコン

※2 一部保証対象外事項がございます。詳しくは弊社所定の保険パンフレットをご覧ください。
※3 保険対象箇所は該当物件内に限ります。また、物件の個別性により保証をお受けできない場合があります。

SERVICE
その他のサービスのご紹介

お客様のご依頼に応じて最適なご提案と信頼をお届け